第40回公害被害者総行動デーに参加してきました

今日と明日は第40回公害被害者総行動デーで、第1日目の今日は、全国の公害被害者とともに、環境大臣交渉、省庁交渉、総決起集会などに参加してきました。

私たち第2次新横田基地公害訴訟原告団など、全国の基地空港爆音訴訟のグループは、防衛省、外務省、環境省の3省に分かれて交渉に臨みました。

私が参加したのは外務省。
ところが、どういう手違いか、外務省の正門まで行ったところ、「お約束がない」という理由で門番に止められてしまいました。
交渉申入れをした経緯などを確認したところ、私たち交渉団側からの連絡は入っていたものの、外務省側の担当者が決まっておらず、その折り返しがないまま今日に至ったということのようでした。

<国を代表する外交交渉の窓口が、この体たらく?>

交渉団には遠く沖縄や岩国からも参加しているので、私たちもこのままスゴスゴと帰るわけにはいきません。しばらく押し問答が続きましたが、予定時刻から30分ほど遅れたものの、どうにか部屋を用意してもらうことができまして、要請書の交付、各地の住民からの個別要請などを行うことができました。

多少行き違いはありましたが、私たちとしては何も国や外務省をやっつけようというのではなく、国民や被害住民の立場から仕事をしてもらいたいという要請に行ったのですから、まずは要請書を受け取ってもらえたのはホッとしました。

また改めて要請事項の回答を聞きに行きたいと思います。

写真は、日比谷公会堂で行われた総決起集会の一コマです。

20150603-01

20150603-02

コメントは受け付けていません。